コロナ給付金による財政難 生活保護費引き下げ検討

11日、政府により生活保護費の引き下げが検討されていることが分かった。背景にあるのが、緊急経済対策として実施された10万円のコロナ給付金による財源不足だ。安倍首相は取材陣に対し「社会保障は医療、介護、年金、子育てなどにかかる費用の負担をみんなで分かち合い支え合う制度。生活保護費削減による増収分は全て社会保障の財源としたい」と語った。給付抑制と負担増という二つの武器で、財政改革にどこまで踏み込めるかが焦点となりそうだ。

2件のコメント

  1. 何で弱い立場な人たちが負担を負う訳?
    外国人生活保護打ち切りなら納得ですが。
    生活保護の方々は決して裕福ではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。